• メイン
  • グローバル
  • 世界の大衆はISISとの戦いで米国を支持しているが、9.11以降の拷問に批判的

世界の大衆はISISとの戦いで米国を支持しているが、9.11以降の拷問に批判的

ISISの台頭は世界中の国々に強い懸念を引き起こしており、新しいピュー研究所の調査では、テロリストグループに対するアメリカの軍事的取り組みに対する幅広い世界的な支持が見られます。そして、10年前のイラク戦争とは異なり、イラクとシリアでの現在の米国の空中作戦は、アメリカのヨーロッパの同盟国の多数派に支えられており、主要な中東諸国の国民によって支持されています。

しかし、世界の大衆は、最近の米国の国家安全保障政策の別の要素にほとんど反対しています。それは、多くの人が拷問と見なしている9/11をきっかけに、テロ容疑者に対して使用された厳しい尋問方法です。調査対象の40か国の中央値50%が、これらの慣行に反対していると述べています。これは、2014年12月に広く公表された米国上院の報告書に詳述されています。正当化されたと信じているのはわずか35%です。アメリカ人は同意しません-10人に6人(58%)が正当化されたと言っています。


そしてもっと広く言えば、アメリカ人は世界中の他の人よりも拷問の使用を支持しています。米国は、テロ容疑者に対する拷問を利用して自国政府を半数以上が承認しているわずか12か国のうちの1つです。

全体として、米国の評価は依然としてほぼ肯定的であり、世界の中央値は69%であり、米国に対する好意的な意見を表明しています。オバマ大統領もほとんどの国で人気があり、彼の評価は昨年14か国で向上しています。最大の利益は、大統領が1月に訪問したインドで見られます。インド人の約4人に3人(74%)が、1年前の48%と比較して、現在オバマに自信を示しています。

これまでのところ、オバマのイメージの急激な低下はイスラエルで発生しました。イランとの交渉をめぐるオバマとイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の間の緊張によって特徴付けられた年の後、オバマへの信頼はイスラエルの71%から49%に低下しました。イスラエル人の10人に8人は、オバマがイランの核開発計画にどのように取り組んでいるかに反対しています。

一方、米国の経済力に対する評価は高まっている。 2008年に大不況が始まった後、米国が苦戦している間に中国の経済が拡大したため、多くの人が世界経済の勢力均衡が変化していると信じていました。しかし、昨年、アメリカ経済が回復を続けているため、特にヨーロッパでは、米国をトップ経済と名乗る人の数が増えています。それでも、将来について尋ねられたとき、ほとんどの国民は、中国が支配的な超大国として米国を覆い隠したか、最終的には覆い隠すだろうと考えています。



ほとんどの場合、アジアへの米国のピボットは歓迎された…しかし中国人は米国を中国を制限しようとしていると見ている中国の台頭は近隣諸国の多くに不安と安全保障上の懸念を引き起こしており、調査対象のアジア諸国は主に、「ピボット」と呼ばれることもある米国の戦略の一部であるアジア太平洋地域により多くの軍事資源を投入する米国の計画を歓迎している。またはアジアへの「リバランス」。ベトナム、フィリピン、日本、インド、オーストラリア、韓国の半数以上は、平和を維持するのに役立つ可能性があるため、この地域への米軍のコミットメントを強化することは良いことだと述べています。マレーシアは、半数以上(54%)が、中国との紛争につながる可能性があるため、ピボットが悪いと反対の見方をしている唯一のアジア諸国です。

ピボットの主要な経済的要素である環太平洋パートナーシップ(TPP)にもかなりの支持があります。現在交渉中のこの貿易協定は、太平洋の両側にある多くの国々の間の経済的結びつきを深めるでしょう。調査対象の9つのTPP諸国のうち7か国の約半数以上が、合意が自国にとって良いことであると信じています。

しかし、アメリカ国民がピボットを受け入れるのはややぬるいです。 49%-29%のマージンで、アメリカ人はTPPを支持していますが、ほぼ4分の1は意見を述べていません。彼らはアジアに追加の防衛資源を投入することでさらに分かれています-47%がその考えを支持し、43%が反対しています。それにもかかわらず、米国が中国との軍事紛争に巻き込まれたアジアの同盟国を守るために軍事力を使うべきかどうか尋ねられたとき、アメリカ人の56%が「はい」と答え、34%が「いいえ」と答えた。この地域の主要な同盟国は、ワシントンが彼らの弁護に来ると信じています。韓国人の73%、フィリピン人の66%、日本人の60%が、自国が中国との軍事紛争に巻き込まれた場合、米国は武力を行使すると述べています。

米国では、アジアへの米国の関与をめぐってかなりの党派の分裂があります。共和党は民主党や潜在的な貿易協定の独立者よりも支持的ではありませんが、この地域での米軍の関与を支持しています。

米国の政党はアジアのピボットで異なる
アジアの国民はアメリカの経済と安全保障のイニシアチブを大いに歓迎していますが、中国との経済関係も大切にしています。実際、アメリカの緊密な同盟国であるオーストラリアと韓国では、米国との関係よりも中国との強い経済関係の方が重要であるという意見のバランスが取れています。

中国自体では、アメリカの意図は疑わしいと見られています。半数以上(54%)が、米国が中国が同等に強力になるのを阻止しようとしていると信じています。わずか28%が、米国は中国が最終的には平等な力になることを認めていると述べています。

これらは、2015年3月25日から5月27日までに45,435人の回答者のうち40か国で実施された新しいピューリサーチセンター調査の主な調査結果の1つです。(見るここに調査に含まれる国の地図について)。

中国のグローバルイメージ

調査によると、中国の全体的な評価はほとんどポジティブです。世界の中央値55%は中国に対する好意的な見方を示しており、34%は否定的な意見を持っています。サハラ以南のアフリカでは、格付けが特にポジティブになる傾向があります(中央値70%が良好)が、この地域で米国が受けている格付けよりもわずかに低いままです。米国はまた、アジア、ラテンアメリカ、特にヨーロッパで中国よりも高い評価を受けています。ただし、中東ではその逆が当てはまります。

米国はヨーロッパ、ラテンアメリカでは中国よりも前向きに見られますが、中東では見られません
中国と米国に共通していることの一つは、両国は若者の間でより良い評価を得る傾向があるということです。 18か国では、30歳未満の人々は50歳以上の人々よりも中国に対して肯定的な意見を表明する傾向があります。そして、これは特に米国で当てはまります。米国では、18〜29歳の55%が好意的な見方を示していますが、50歳以上の人々の27%はそうです。一方、30歳未満の中国人の59%は、50歳以上の29%に比べて、米国を好意的に見ています。

しかし、個人の権利に関しては、米国と中国の世界的なイメージは大きく異なります。世界の中央値はわずか34%で、中国政府は国民の個人的な自由を尊重していると信じています。米国、カナダ、日本、オーストラリア、韓国、およびEU全体の大多数(約4分の3以上)は、中国がこれらの権利を尊重していないと述べています。ただし、例外があります。10か国では、少なくとも10人に6人が、アジア諸国のパキスタン、インドネシア、マレーシアを含め、中国が個人の自由を尊重していると述べています。

中国とは対照的に、米国は個人の自由について比較的高い評価を得ています。世界の中央値は63%で、米国政府は市民の個人の自由を尊重していると述べています。

ヨーロッパ人は個人の自由に関して米国に対してより批判的であるが、その経済力については前向きである

西ヨーロッパでは、米国が個人の自由を尊重していると言う人は少ないしかし、ヨーロッパ人は、国民の自由を保護することに関して、米国政府に対してますます批判的になっていることで際立っています。

調査対象の西ヨーロッパ諸国全体で、この問題に関する米国の評価は、少なくとも部分的にはNSAの電子監視プログラムに関するエドワードスノーデンの暴露に応じて、2013年から2014年の間に低下しました。今年の調査は、おそらく、9.11後の時代の厳しい尋問技術に関するものや、アフリカ系アメリカ人の警察の扱いに関する米国での論争など、昨年の非常に公表された話に応じて、さらなる減少を強調しています。およびその他の少数派。

ヨーロッパ人は経済的平等で中国と米国を信じることに戻るドイツ、フランス、イギリスでは、西欧で広く人気がなかったジョージ・W・ブッシュ政権の最終年である2008年よりも、米国政府が個人の自由を尊重していると信じている人は少ない。

ヨーロッパ人がソフトパワーのこの要素について米国に低い評価を与えると同時に、彼らはアメリカの経済力が上昇していると信じています。 2009年から2012年の間に、ヨーロッパ人はますます米国ではなく中国を世界の経済的リーダーと見なすようになりました。しかし、振り子は2012年以降、反対方向に振り返り、今日、ヨーロッパ人はこの問題について本質的に分かれています。 EUの5か国(英国、フランス、ドイツ、ポーランド、スペイン)の中央値41%が中国をトップ経済と名付け、中央値39%がアメリカだと述べています。

アメリカ国民は拷問の外れ値

アメリカの9.11後の尋問についての見解は、自国での拷問の潜在的な使用について人々がどのように感じているかと強く相関しています。調査対象の国全体で、中央値40%が、テロの疑いのある人々に対して拷問を使用して、攻撃の可能性に関する情報を入手することは、自国政府が正当化されると考えています。中央値45%がこの考えに反対しています。

U.C.による拷問についての見解自国政府による拷問の意見を伴う政府の追跡
他の国と比較して、アメリカ人は一般的にこの種の状況で拷問を使用することをより支持しています。米国では10人に6人(58%)が正当化できると述べており、調査対象の12か国のうち少なくとも半分がこの見解を持っている国の1つとなっています。

2001年9月11日の同時多発テロ後、自国政府による拷問の使用に対する支持のレベルが高い国は、米国政府による拷問技術の使用に対する支持のレベルも高い傾向があります。

Facebook   twitter