セクション1:中間投票

一年中、来たる中間選挙での有権者の選好は密接に分かれています。それは今日も当てはまります-新しい調査では、登録有権者の47%が、今日選挙が行われた場合、民主党候補に投票するか、民主党に傾倒すると答え、44%が共和党に投票するか、共和党に傾倒すると答えています。

2006年中期のこの段階で、民主党は一般議会の投票で11ポイントのアドバンテージを保持しました(50%から39%)。前の3つの中間期のそれぞれの同等の時点で、選好はほぼ均等に分割されました。共和党が民主党から議会の支配権を獲得する2か月前の1994年9月、48%が自分たちの地区で共和党候補に投票することを期待していると述べました。 46%が民主党に投票すると答えた。

登録有権者の間で競争は引き続き平等であるが、共和党は中期有権者候補の間で7ポイントのリードを保持している。彼らの半数は議会地区で共和党候補に投票するつもりであると述べ、43%は投票すると述べている民主党に投票します。

有権者が共和党を支持する可能性が高い

投票する可能性が高い人口統計学的およびイデオロギーグループも、共和党に投票する可能性が高くなります。これらには、年配の有権者、裕福な有権者、より保守的な有権者が含まれます。若者や裕福でない人々など、民主党を支持する可能性が高いグループも、世論調査に向かう可能性が低くなります。

登録有権者の半数近く(49%)が50歳未満、16%が30歳未満です。ただし、エンゲージメントと熱意が低いため、50歳未満の有権者は有権者候補の割合が少なく(42%)、有権者候補の11%は30歳未満です。

有権者候補の若年層が少ないだけでなく、共和党と民主党志向の有権者の間の関与のギャップは、有権者候補に焦点が移ると、登録有権者の若さにおける民主党の主導権が失われることを意味します。 50歳未満の登録有権者は民主党候補を10ポイント(51%から41%)支持しますが、50歳未満の有権者はほぼ均等に分割されます(共和党48%対民主党46%)。 50歳以上の有権者の間では、登録有権者の間で本質的に均等な競争があり、有権者候補の間で9ポイントの共和党のリード(51%から42%)になります。 (さまざまな人口統計グループにわたる登録済みおよび有権者の詳細な内訳については、46ページの表を参照してください)。



強力な民主党グループである、家族の収入が年間3万ドル未満の有権者も、登録有権者(25%)よりも有権者(19%)の割合が少なくなっています。民主党は、この収入カテゴリーの有権者候補の間で12ポイントのリードを保持していますが(53%から41%)、収入が30,000ドル未満の登録有権者の間では、リードははるかに大きくなっています(57%から34%)。
ティーパーティー運動に同意すると言う人は、登録有権者の29%を占めていますが、有権者候補のより大きな割合(36%)を占めています。ティーパーティーに同意する有権者は、共和党に88%から7%の投票を計画しています。これは、登録有権者のマージン(85%から10%)からほとんど変わりません。ティーパーティーについて聞いたことがない、または運動について意見がない人は、登録有権者(45%)よりも有権者候補(35%)の割合が少ない。民主党は、ティーパーティーに意見を表明しない登録有権者の間でリードしています(49%から37%)が、意見を持たない可能性のある有権者の間では、レースはほぼ均等です(45%民主党/ 44%共和党)。

熱意のギャップ

投票する可能性の2つの重要な指標は、投票者が今年11月に確実に投票するかどうか(1〜10のスケールで確実に10で投票する可能性を評価する人)と、「かなり多くの考え」を与えたかどうかの指標です。選挙。

1994年にさかのぼる中間選挙では、どちらの党もGOPのリードが最大です。秋に共和党に投票する予定の人のうち、79%が間違いなく投票すると答えていますが、民主党候補を支持する人は66%です。 。共和党候補を支持する人の64%が選挙についてかなり考えたと言っているのに対し、民主党に投票する予定の人の40%だけが選挙についてよく考えたと言っています。

2006年、共和党の候補者を支持した有権者は、民主党を支持した有権者と同じくらい確実に投票すると言った可能性がありました(70%対69%)。民主党の有権者は、共和党を支持する人々よりも、選挙について多くのことを考えていると言う可能性がやや高かった(53%対47%)。

全体として、2006年の秋(68%)とほぼ同じ数の有権者が、間違いなく投票する(71%)と答えています。しかし、投票に確信を持っている50歳以上の有権者の割合は著しく増加しています(現在82%、2006年には74%)。

変化のほとんどは共和党を支持する人々の間で起こった。 4年前の76%と比較して、50歳以上の共和党の有権者のほぼ9割(89%)は、間違いなく投票すると答えています。

50歳以上の民主党の有権者の間で投票の確実性に実質的に変化はありませんでした。 2006年には、76%が投票することを確信していました。今年、78%が間違いなく投票すると答えています。

50歳未満の10人に6人の有権者は、2006年とほぼ同じ(62%)、間違いなく投票すると答えています。民主党に投票することを計画しているこの年齢層の有権者は、2006年よりも投票について確実性を表明していません(今日55%、当時64%)が、共和党候補の支持者の間ではほとんど変化がありません(今日68%、64%)その後)。

共和党を支持する非ヒスパニック系白人の完全に81%が間違いなく投票すると答え、民主党を支持する白人の68%が同じことを述べています。 2006年には、白人の有権者の間で、どちらの政党が賛成したかによって投票する可能性にほとんど違いはありませんでした。民主党を圧倒的に支持する黒人の非ヒスパニック系有権者は、2006年とほぼ同じくらい確実に今年の投票を行います。

投票率を促進する要因

全体として、自分たちの地区で共和党候補を支持する有権者の70%は、オバマが大統領として行っている仕事に強く反対していると述べています。これらの有権者のうち、完全に89%が間違いなく投票すると答えています。対照的に、オバマの業績に反対しているが、強くはない、または彼の職務遂行能力を承認している共和党の有権者のはるかに少数のグループの約6割だけが彼らが間違いなく投票すると言っています。

他の要因が今年の共和党の有権者を動機付けています:ティーパーティー運動に同意する人の8割以上(88%)は、議会の党派支配が彼らの投票の要因であると言います(85%)、彼らの投票を次のように見てくださいオバマに対する投票(85%)、または保守的(84%)は、間違いなく投票すると述べています。これらの見解を持たない共和党の有権者のより少ない割合は、彼らが間違いなく11月に投票すると言います。

逆に、民主党の候補者を支持する有権者の間では、10人に6人(58%)がオバマの職務遂行能力を強く支持しています。オバマの業績を強く支持する民主党の有権者の4分の3(75%)は、間違いなく投票すると答えています。オバマのパフォーマンスを承認する民主党の有権者の約半分だけですが、強くない、または不承認ではない、彼らは間違いなく投票すると言います。

民主党の有権者を動機付ける他の要因は、ティーパーティー運動に反対しており(79%が間違いなく投票)、中間投票をオバマへの投票(71%)と見なし、自由主義的見解(71%)を持ち、議会の党派的支配が要因であると述べています( 70%)。しかし、いずれの場合も、これらの意見を表明する民主党の有権者の割合は、反対の意見を表明する共和党の有権者と比較して、間違いなく投票すると答えています。

変化を求めている有権者

夏の初めと同じように、有権者は反現職の気分になっています。登録有権者の約半数(49%)だけが、自分の議員が再選されるのを見たいと言っていますが、3分の1(33%)はそうしません。

同様に、わずか3分の1(33%)がほとんどの議員が再選されるのを見たいと思っていますが、56%はほとんどの現職者が再選されるのを見たくないと言っています。どちらの措置についても、過去1年間で意見は大きく変化しました。そして、どちらの方策でも、反現職感情のレベルは、1994年にさかのぼる中期と同じくらい高いです。

2006年中期のこの段階で、53%が自分の代表者が再選されるのを見たいと述べ、35%がほとんどの代表者が再選されるのを見たいと述べました。 1994年10月初旬、49%が自分たちの代表が再選されるのを見たいと述べ、28%がほとんどのメンバーが再選されるのを見たいと述べました。 1998年と2002年の中間期には、はるかに多くの有権者が自分の議員、そしてほとんどの議員が再選されるのを見たいと思っていました。

現在の調査では、民主党の候補者を支持する人の64%が、共和党に投票することを計画している人の39%と比較して、自分の代表が再選されることを望んでいると述べています。民主党の有権者の51%がほとんどの議員の再選を支持していますが、共和党の有権者のわずか16%がそうしています。

現在、共和党の有権者の反現職感情は、民主党が議会を支配する2か月前の2006年9月の民主党の有権者よりも高くなっています。当時、自分たちの地区で民主党候補を支持した有権者の48%が、自分たちの代表が再選されるのを見たいと言っていました(今年の共和党の投票者の39%と比較して)。 2006年9月、民主党の有権者の25%が、ほとんどのメンバーが再選されるのを見たいと述べました(共和党の有権者の16%が今日これを述べています)。

Facebook   twitter