ロシア、プーチンは世界中で敬意を表して開催

ロシアの意見は非常に不利ピュー研究所の新しい調査によると、国境を越えて、ロシアもその大統領ウラジーミル・プーチンも、多くの尊敬や支持を受けていません。中央値はわずか30%で、ロシア以外の国ではロシアを好意的に見ています。そのイメージは、世界のほぼすべての地域で米国のイメージに倣っています。同時に、調査対象国の中央値はわずか24%であり、プーチンが世界情勢において正しいことを行うと確信しており、ロシアの指導者に対する信頼は、米国のバラクオバマ大統領よりもはるかに低い。

ロシアの意見は、26カ国で好意的というよりも不利です。最も強い否定的な感情はポーランドとヨルダン(両方とも80%)にあります。前者は、二国間緊張の長い歴史の遺産です。ヨルダンの世論は、ヨルダンの隣人であり、ヨルダンの数十万人の難民の出所であるシリアのバシャールアルアサド大統領の政権に対するモスクワの現在の支持によって影響を受ける可能性があります。反ロシア感情は、イスラエル(74%)、日本(73%)、ドイツ(70%)、フランス(70%)でも特に強いです。

これらは、2015年3月25日から5月27日までに45,435人の回答者のうち40か国で実施されたピューリサーチセンターの調査の主な調査結果の1つです。

ロシアの最大の支援はベトナム(75%)です。しかし、ガーナ(56%)と中国(51%)の2か国だけで、国民の約半数以上がロシアに対して前向きな見方をしています。

多くの国では、国民の大部分がロシアについて意見を表明していません。これには、エチオピアで調査されたものの半分以上、パキスタン、インド、ブルキナファソ、タンザニア、セネガル、アルゼンチン、ペルーで調査されたものの約3分の1以上が含まれます。

一般的に反ロシア感情の文脈の中で、ロシアの見方は世代間で異なる可能性があります。 50歳以上のアメリカ人は18歳から29歳のアメリカ人(56%)よりもモスクワに対してはるかに批判的です(78%不利)。カナダのジェネレーションギャップも同様です。年配のカナダ人では69%がマイナスであるのに対し、若いカナダ人では47%しか不利です。スペイン(72%対53%)とオーストラリア(70%対51%)のこれらの年齢層の間で、好ましくない見解には19パーセントポイントの違いがあります。



ロシアは世界のすべての地域で米国よりも不利に見ているフランスのロシアの見方には、顕著な党派的な違いがあります。どちらの主要政党も否定的な見方をしていますが、中道右派の国民運動連合(UMP)の支持者よりも社会主義者(78%)の方が多い(67%)ロシアを不利に見なさい。

ロシアとアメリカの互いの意見は悪化しているロシアの好意的な意見は、世界のほとんどの地域で米国のそれを大幅に下回っています。ヨーロッパでは画像のギャップは43ポイントです(米国69%、ロシア26%)。アフリカでは42ポイントです(米国79%、ロシア37%)。ロシアと米国の意見は中東でのみ比較可能であり、どちらも特に貧弱です。米国にとっては29%、ロシアにとっては25%です。

ウクライナが戦う前でさえ、お互いのドイツ、ロシアの見解は酸っぱい近年、アメリカ人のロシアに対する見方は悪化している。最近では2011年に、アメリカ人の約半数(49%)がロシアに好意的な意見を表明しましたが、2015年には22%だけがそのような感情を表明しています。ロシアの米国に対する見方は、ますます急速に低下している。 2013年には、ロシア人の51%が米国に対して肯定的な評価を持っていました。 2015年には、15%しかありません。

お互いの中国とロシアの見解は発散する2014年にウクライナ東部で戦う前から、ドイツ人のロシアに対する見方も同様に低下しています。 2010年には、ドイツ人の半数がロシアを好意的に見ていました。 2015年までに、そのような見解を保持しているのは27%のみですが、ウクライナに対する緊張が続いているにもかかわらず、その数字は2014年の19%から増加しています。ドイツに対するロシア人の意見はさらに悪化している。 2011年には、ロシア人の78%がドイツを前向きに見ていました。 2015年には、その割合の半分未満(35%)がそのような感情を表明しました。

ロシアに対する中国の見方もこの1年で落ち込んだ。中国人の約半数(51%)は、2014年の3分の2近くから、ロシアに対して好意的な意見を持っています。しかし、中国国民のロシアに対する見方は、1年の急上昇の後、長期的な基準に戻っただけです。一方、ロシアの中国に対する見方は著しく改善され、2014年の64%(2007年以降とほぼ同じレベル)から79%に上昇しました。

プーチンのイメージはロシアのイメージよりもさらに悪い

プーチンへの自信はほとんどないベトナム(70%)と中国(54%)の2か国だけで、国民の半数以上がロシアのウラジーミルプチン大統領が世界情勢で正しいことをすることに自信を持っています。ロシア国外で調査された39か国のうち、中央値はわずか24%で、彼を前向きに見ています。それにもかかわらず、プーチンは88%の肯定的な評価で、家庭で人気があり続けています。

世界中の中央値58%が、プーチンについて否定的な意見を持っています。彼の最も強い批評家は、スペイン(92%不信任決議)、ポーランド(87%)、フランス(85%)、ウクライナ(84%)です。西ヨーロッパと北アメリカの4分の3以上も、中東の大多数と同様にプーチンに批判的です。

ただし、アジア、アフリカ、ラテンアメリカでは意見がより多様です。アジア太平洋地域では、オーストラリア人の10人に8人(81%)がプーチンに対して否定的な見方をしており、ベトナム人の10人に7人は肯定的な意見を持っています。 10人に7人のベネズエラ人ですが、ペルー人の約半分(52%)だけが、プーチンに対する自信の欠如を表明しています。そして、ケニア人の45%は、エチオピア人のわずか16%と比較して、ロシアの指導者に対して否定的な感情を持っています。

しかし、アジアとアフリカの見解は、これらの地域の多くの人々がプーチンについて意見を持っていないという事実の一部です:パキスタンで56%、エチオピアで52%、インドで49%、セネガルで43%、インドネシアで42%彼らは彼についてどう感じているかわからないと言います。

世界のほとんどの地域で、プーチンの見解とロシアの見解は密接に追跡しています。これは特にアフリカ、アジア、そしてラテンアメリカのほとんどに当てはまります。ただし、ロシアの好意がプーチンへの信頼を超えるという注目すべき例外があります。スペインでは、25%がロシアに対して好意的な見方をしていますが、プーチンについて肯定的な意見を持っているのはわずか6%です。同様に、フランス、ベネズエラ、ペルー、ウクライナでは、プーチンに自信を持っている人の約2倍の人がロシアを前向きに見ています。

すべての地域の国民は、プーチンよりもオバマに自信を持っています世界のすべての地域で、プーチンのイメージは、米国大統領バラクオバマの一般の認識と比較して非常に貧弱です。ヨーロッパ人の4分の3は、オバマが世界情勢で正しいことをすることに自信を持っています。プーチンをそのように信じているのはわずか15%です。アフリカ、アジア、ラテンアメリカの国民は、2対1以上で、プーチンよりもオバマを信頼しています。中東でのみ、プーチンへの信頼はオバマへの信頼にさえ近い。そして、それはプーチンの支持が非常に高い(25%)からではなく、オバマの支持も非常に低い(36%)からです。

プーチンに対するアメリカの信頼はかなり低い米国では、およそ5人に1人のアメリカ人(21%)がプーチンの世界情勢の取り扱いに自信を持っています。これは、2003年に彼を信頼した割合の約半分(41%)です。年配のアメリカ人は特にプーチンに不信感を抱いています。

一方、オバマに対するロシアの信頼は現在、ブッシュ時代の最低水準にあります。 2011年には、ロシア人の41%がオバマを信頼していました。 2015年には、ロシア人のわずか11%が彼の世界情勢の取り扱いを信頼しており、2003年の米国大統領ジョージWブッシュに対する8%の信頼に匹敵します。

Facebook   twitter