• メイン
  • ニュース
  • ニュースルームの従業員は、全体的に米国の労働者よりも多様性が少ない

ニュースルームの従業員は、全体的に米国の労働者よりも多様性が少ない

ニュースルームの従業員は、全体として米国の労働者よりも白人と男性である可能性が高いです。しかし、転換期の兆候があります。米国国勢調査局のデータのピュー研究所の分析によると、若いニュースルームの従業員は、年配の同僚よりも人種、民族、性別の多様性が大きいことを示しています。

2012〜2016年のアメリカンコミュニティの分析によると、ニュースルームの従業員の4分の3以上(77%)(新聞、放送、インターネット出版業界でレポーター、編集者、写真家、ビデオグラファーとして働いている人)は非ヒスパニック系白人です。調査データ。これは、すべての職業と業界を合わせた米国の労働者の65%に当てはまります。

ニュースルームの従業員は、全体的に労働者よりも男性である可能性が高いです。ニュースルームの従業員の約10人に6人(61%)が男性であるのに対し、全労働者の53%です。人種/民族と性別を組み合わせると、ニュースルームの従業員のほぼ半数(48%)が非ヒスパニック系白人男性であるのに対し、全体の労働者の約3分の1(34%)です。

人種と民族の格差は、すべての年齢層に存在します。非ヒスパニック系白人は、18〜49歳のニュースルーム従業員の約4分の3(74%)を占め、50歳以上の従業員の85%を占めています。これらのシェアは、労働者全体で低くなっています。

ただし、性別に関しては、ニュースルームの若い従業員は全体的に米国の従業員のように見えます。 18〜29歳のニュースルームの従業員は、全体として男性と同じくらい男性である可能性があります(両方のグループで51%)。年配の労働者の中で、ニュースルームの従業員は不釣り合いに男性です。30歳以上のニュースルームの従業員の約3分の2が男性であるのに対し、米国の全労働者の半分強です。

これらの人口統計学的測定をまとめると、最年少のニュースルームの従業員の38%は、非ヒスパニック系の白人と男性の両方です。これは依然として労働者全体(30%)よりも高いシェアですが、この8パーセントポイントのギャップは高齢者グループよりも小さくなっています。 50歳以上のニュースルームの従業員は、同じ年齢層のすべての労働者よりも白人男性である可能性が17パーセントポイント高く、30〜49歳の従業員は15ポイント高い可能性があります。



若いニュースルームの従業員は、年配の同僚よりも白人である可能性が低いですニュースルームの従業員の大部分は若い年齢層であるため、年齢による人種、民族、性別の違いは注目に値します。ニュースルームの従業員の10人に7人は50歳未満です。28%は18〜29歳、42%は30〜49歳です。ニュースルームの従業員の10人に3人だけが50歳以上です。

すべてのニュースルームの従業員のこれらのデータは、特定のメディアセクターのデータと一致する傾向があります。たとえば、米国ニュース編集者協会が2012〜2015年に実施したニュースルームの調査では、新聞社の従業員は白人87%〜88%、男性63%〜64%、白人と男性56%〜57%であると推定されています。 2012〜2016年のラジオテレビデジタルニュース協会の調査によると、テレビニュースルームのスタッフは白人77%〜79%、男性56%〜60%でしたが、ラジオニュースルームのスタッフは白人87%〜91%、男性61%〜69%でした。 。

注:完全な方法論については、こちら(PDF)をご覧ください。

アメリカのニュースルームについてもっと読む:

  • 2017年1月から2018年4月の間に、米国の大手新聞の約3分の1が一時解雇されました。
  • ニュースルームの雇用は10年足らずで4分の1近く減少し、新聞で最大の減少が見られました
  • ニュースルームの従業員は、米国の他の大学教育を受けた労働者よりも収入が少ない。
Facebook   twitter