• メイン
  • ニュース
  • 米国の結婚率が50%に留まると、婚姻状況の教育格差が拡大します

米国の結婚率が50%に留まると、婚姻状況の教育格差が拡大します

新たに発表された国勢調査データによると、今日の米国成人の半数は結婚しており、その割合は近年比較的安定していますが、過去四半世紀で9パーセントポイント低下し、1960年のピークの72%とは劇的に異なります。

既婚成人の割合の減少は、アメリカ人が最近の人生の後半に結婚しているという事実によって部分的に説明することができます。 2016年の初婚年齢の中央値は、女性が27.4歳、男性が29.5歳で、1960年の年齢の中央値(女性が20.3歳、男性が22.8歳)よりも約7歳長くなっています。

しかし、結婚の遅れは、すべてのドロップオフを説明できないかもしれません。持っているアメリカ人のシェア決して結婚はここ数十年で着実に増加しています。同時に、結婚して結婚以外の子供を育てる代わりに、より多くの大人がパートナーと一緒に暮らしています。

婚姻状況の教育格差が拡大し続けていることを示す国勢調査局のデータのピュー研究所の分析によると、結婚率もこれまで以上に社会経済的地位と密接に関連しています。

2015年には、25歳以上の成人のうち、大学の学位を4年取得した65%が結婚していたのに対し、大学教育を受けた人は55%、高校以外の教育を受けていない人は50%でした。 25年前、結婚率はこれらの各グループで60%を超えていました。

結婚率は人種や民族によって大きく異なります。 2015年には、18歳以上の白人成人の54%が結婚していました。これは、結婚したアジア人の割合(61%)よりは低いですが、ヒスパニック(46%)または黒人(30%)の割合よりも大幅に高くなっています。白と黒の間のギャップは、時間の経過とともにかなり一貫したままです。



未婚の成人の7人に1人は結婚したくないと言っています

結婚したことのない大人の58%がいつか結婚したいと言っており、27%が結婚したいかどうかわからない。それでも、8月に4,971人の米国成人を対象に実施されたピュー研究所の調査によると、14%が結婚したくないと答えています。

大学を卒業していない未婚の成人は、大学を卒業した人よりも、将来結婚する予定はないと言う傾向があります。 25歳以上では、学士号を取得していない未婚の成人の20%が結婚したくないと答えていますが、4年制大学を卒業した人は11%です。

結婚したことがない50歳以上の成人は、50歳未満の未婚の成人の約3倍、結婚したくないと言う可能性があります(32%対11%)。全体として、未婚の男性と女性の同様の割合は、いつか結婚したくないと言っています。

以前に結婚したことのある未婚の成人にとって、結び目を再び結ぶことはあまり魅力的ではありません。以前に結婚したことのある未婚の成人の約4分の1(23%)だけが、再婚したいと答え、45%は再婚したくないと答え、さらに30%は確信が持てないと答えています。

未婚の成人の大多数は、適切な人を見つけられなかったと言っていますが、多くは経済的な理由も挙げています

結婚したことはないが、将来結婚する可能性があると答えた成人の約6割(59%)は、結婚していない主な理由は、適切な人を見つけられなかったためだと述べています。さらに13%が、これが今日結婚していない小さな理由であると述べています。さまざまな人口統計グループの大多数が、これを結婚していない主な理由として挙げています。

将来結婚したいと答える未婚の成人の約4割(41%)は、経済的に安定していないことが現在結婚していない主な理由であり、28%がこれをマイナーな理由として指摘しています。 。結婚していない主な理由(24%)またはマイナーな理由(30%)は、落ち着く準備ができていないためだと言っています。

家族の収入が75,000ドル未満の未婚の成人は、高収入の成人よりも、経済的に安全でないことが結婚していない主な理由であると言う傾向があります。収入が30,000ドル未満の成人の47%、所得が30,000ドルから74,999ドルは、75,000ドル以上の収入を持つ人の21%と比較して、これが事実であると言います。

結婚したことがない白人以外の成人も、白人よりも結婚していない主な理由は、経済的に安定していないことであると言う傾向があります(48%対33%)。

結婚したことがなく、経済的に安定しておらず、落ち着く準備ができていない若い成人にとっては、結婚していない理由として大きく迫っています。 18〜29歳の未婚の成人の約半数(51%)は、30〜49歳の27%と50歳以上の29%と比較して、経済的に安定していないことが結婚していない主な理由であると述べています。

また、若年成人は、現在結婚していない主な理由として、落ち着く準備ができていないことを挙げている傾向があります。18〜29歳の未婚成人の31%がこれを言っているのに対し、それらの14%は30〜49歳と50歳以上の18%。

適切な人を見つけられなかった場合、年齢層による大きな違いはありません。結婚したことのない若年、中年、高齢者の同様の割合が、これが主な理由であると述べています。

注:ここで完全なトップラインの結果と方法論を参照してください(PDF)。

Facebook   twitter