旧ソビエト連邦における民主主義と資本主義の衰退への信頼

概要概要

ソビエト連邦崩壊から20年後、ロシア人、ウクライナ人、リトアニア人は自国の方向性に不満を抱き、政治の状況に幻滅しました。民主主義と資本主義への熱意は過去20年間でかなり衰え、1991年以降に起こった変化は、公の道徳、法と秩序、そして生活水準に悪影響を及ぼしたとほとんどの人が信じています。

政治エリートとビジネスエリートは過去20年間の略奪品を享受してきたが、平均的な市民は取り残されているという認識が広まっている。それでも、これら3つの旧ソビエト共和国の人々は、民主主義の価値観に背を向けていません。実際、彼らは公正な司法や無料のメディアなど、民主主義の重要な特徴を取り入れています。しかし、彼らは自国がこれらの制度を完全に発展させたとは信じていません。

今日の厳しいムードとは対照的に、タイムズミラーセンターがロシア、ウクライナ、リトアニアを調査した1991年の春には、楽観的な見方が比較的高かった。当時、3つすべてはまだ崩壊しつつあるソ連の一部でした(1991年12月25日に正式に解散しました)。1その後、3つの共和国すべての堅実な多数派が、複数政党制民主主義への移行を承認しました。現在、ウクライナ人のわずか35%、ロシアとリトアニアの約半分だけが複数政党制への切り替えを承認しています。

20年前の場合と同様に、民主主義への移行は、開かれた社会によって提供される機会を利用するのにおそらく最適な立場にある人々の間でより人気がある傾向があります。 3か国すべてで、若者、高学歴の都会の住人は、自国の複数政党制への移行を最も支持しています。

これらの旧ソビエト共和国の人々は、民主主義が自国の問題を解決できるという自信が1991年よりもはるかに低くなっています。民主主義の政府に頼るべきか、国の問題を解決するために強い手を持つ指導者に頼るべきかを尋ねられたとき、ロシア人とウクライナ人の10人に3人が民主主義を選択しており、1991年から大幅に減少しています。リトアニアでは約半数(52%)がこれを述べており、20年前に記録されたレベルから27パーセントポイント減少しています。

自国の民主主義の現状について尋ねられたとき、3つの旧共和国すべての大多数は彼らが不満を持っていると言います。さらに、リトアニアとウクライナでは、過去2年間で不満が高まっています。 2009年秋のPewGlobal Attitudesの調査によると、リトアニア人の60%が、民主主義の仕組みに不満を持っていると述べています。今日72%がそう言っています。ウクライナでは、民主主義の状態に対する不幸が70%から81%に上昇しています。



これらは、2011年春に23か国で行われた世論調査の一環として、3月21日から4月7日までロシア、ウクライナ、リトアニアで実施されたピュー研究所のグローバルアティチュードプロジェクトによる調査の主要な調査結果の1つです。問題は、ピュー人民報道センターの前身であるタイムズミラーセンターが実施した1991年春の調査で最初に調査されました。このレポートはまた、これら3か国、および他の10か国と米国で実施された2009年秋のピューグローバルアティチュード調査からのいくつかの重要な調査結果を示しています。(2009年11月2日にリリースされた「共産主義の終焉は応援されたが、今はより多くの予約がある」を参照。)

変化はエリートを助けました

3か国すべての大多数は、エリートが過去20年間で繁栄したと信じていますが、平均的な市民はそうではありません。たとえばウクライナでは、95%が、政治家が1991年以降の変更から多大な、またはかなりの利益を得たと考えており、76%が事業主についてこれを述べています。しかし、一般の人々が恩恵を受けたと信じているのはわずか11%です。

2009年秋の調査では、これらの国民が政治的リーダーシップに幻滅している程度がさらに浮き彫りになりました。政治家が彼らの言うことに耳を傾けたり、政治家が人々の利益を念頭に置いて統治したと信じている人はほとんどいませんでした。

ロシア人のわずか26%、ウクライナ人の23%、リトアニア人の15%が、「ほとんどの選出された役人は私のような人々の考えを気にかけている」という声明に同意しました。そして、ロシアでは37%、リトアニアでは23%、ウクライナでは20%だけが、「一般的に、国家はすべての人々の利益のために運営されている」と同意しました。

民主主義のギャップ

2009年の調査結果が明らかにしているように、東欧諸国の民主主義の願望と、旧東欧諸国で民主主義が実際にどのように機能しているかについての彼らの認識との間にはかなりのギャップがあります。

調査した旧ソビエト共和国3か国すべてで、2009年の世論調査では、公正な司法、正直な選挙、報道の自由、宗教の自由、言論の自由、軍の文民統制など、民主主義の特定の特徴に対する広範な支持が見られました。

大多数は一貫して、これらの主要な民主的制度と価値観を持っている国に住むことが重要であると述べ、多くの人がこれらの特徴のほとんどが非常に重要。しかし、自国が実際にこれらの民主的な制度と自由を持っていると考える人はかなり少なかった。

自由市場への信頼の低下

過去20年間で民主主義についての見方が悪化したように、資本主義に対する態度も悪化しています。 1991年、リトアニア人の76%が市場経済への切り替えを承認しました。現在、45%のみが承認しています。ウクライナ人の間では、承認は1991年の52%から今日では34%に低下しました。一方、ロシア人の42%は現在、自由市場アプローチを支持しており、1991年から12%ポイント低下し、そのうち8ポイントは過去2年間に発生しました。 3か国すべてで、若者と教育を受けた大学は自由市場を受け入れる傾向があります。

資本主義への信頼の低下は、少なくとも部分的には現在の経済状況に対する欲求不満に結びついている可能性があります。ロシア人の29%だけが彼らの経済が良好な状態にあると言いますが、リトアニア人とウクライナ人はさらに厳しい評価を提供します。 2011年春のPewGlobal Attitudes調査に含まれる世界各地の23か国の中で、リトアニア人(9%が良い)とウクライナ人(6%)が経済の評価を最も低くしています。(詳細については、2011年7月13日にリリースされた「中国が米国を世界の超大国として追い抜く」を参照してください。)

さらに、経済の将来についての楽観主義は不足しています。 10人に4人以上のウクライナ人(44%)は、今後12か月で経済が悪化すると予想していますが、36%はほぼ同じであり、15%だけが改善すると考えています。リトアニアでも楽観主義はまばらで、31%が事態が悪化すると述べ、43%が状況は変わらないと述べ、21%が状況が改善すると示唆しています。ロシア人は物事をもう少し前向きに見ています。18%が悪化し、46%が同じままで、28%が改善しています。

社会への悪影響

これら3か国の多くは、ソビエト連邦の崩壊以来起こった巨大な変革が彼らの社会に悪影響を及ぼしたと信じています。特に、3つすべての大多数は、1991年以降の変化が生活水準、社会の人々の相互の扱い方、法と秩序、および公の道徳に悪影響を及ぼしたと述べています。

全体として、リトアニア人は、ソビエト後の時代の影響について、ウクライナ人やロシア人よりも否定的ではありません。たとえば、後者の2つの国の大多数は、変更が国のプライドに悪影響を及ぼしたと述べていますが、リトアニア人の30%だけがこの見解を持っています。

それでも、リトアニア人は一般に、タイムズミラーセンターの調査が進行中の劇的な変化について尋ねた1991年よりも、これらの変更の影響について否定的です。逆に、ロシア人とウクライナ人は、変化が彼らの社会に悪影響を及ぼしていると信じる可能性が今日よりもさらに高かった1991年以来、実際にはわずかに否定的ではなくなっています。

リトアニアの個人主義

リトアニア人は、個人主義と人生の成功に対する責任の所在についての質問に関しても際立っています。ほとんどのリトアニア人(55%)は、ロシア人の38%とウクライナ人の32%に比べて、最近は能力と野心が高いためにそうしていると信じています。

同様に、リトアニアの58%は、人生で成功しないほとんどの人は、社会の失敗ではなく、個人の欠点のために失敗すると考えています。ロシア人の47%とウクライナ人の40%だけがこの意見を表明しています。

それでも、個人の自由を保証するという国家の役割が、社会的セーフティネットを提供する責任よりも優先されるべきではないというコンセンサスが3カ国すべてにあります。どちらがより重要であるかを尋ねられたとき、「誰もが国家からの干渉なしに自分の人生の目標を自由に追求できること」または「国家が社会で積極的な役割を果たし、誰も必要としないことを保証すること」、3分の2以上ロシア、ウクライナ、リトアニアでは後者を選択してください。さらに、国家は誰も必要としないことを保証しなければならないという信念は、1991年以来3カ国すべてで著しく一般的になっています。

ロシアのナショナリズム

ソビエト帝国の崩壊から20年後、ロシア人の約半数(48%)は、自国が帝国を持つのは当然だと信じていますが、33%だけがこの考えに反対しています。対照的に、1991年、ソ連の最後の数か月間、ロシアが帝国を持つのは当然だと考えた人は大幅に少なく(37%)、43%は反対しました。

ロシア人の半数はまた、「ソビエト連邦がもはや存在しないことは大きな不幸である」という声明に同意している。 36%が同意しません。これは、58%が賛成、38%が反対した2009年からわずかに減少しています。 50歳以上のロシア人は、50歳未満のロシア人よりもソビエト時代への郷愁を表明する傾向があります。

広範なナショナリストの感情にもかかわらず、自国のウクライナ人とリトアニア人に対するロシアの態度はおおむね前向きです。80%がウクライナ人に対して好意的な見方を示し、62%がリトアニア人に前向きな評価を与えています。

ウクライナ人は、自国のロシア人、ポーランド人、リトアニア人について圧倒的に前向きな見方を示しています。同様に、リトアニアでは、ロシア人、ウクライナ人、ポーランド人に対する態度はすべて一般的に前向きです。

西か東か?

2004年に両組織に加盟したリトアニアでは、欧州連合とNATOに対する態度が圧倒的に肯定的です。実際、リトアニア人は、2011年春の世論調査に含まれる23か国の中でEUに最高の評価を与えています。それでも、リトアニア人の約半数が自国のEU加盟国を肯定的に見ています。49%はそれが良いことだと信じており、31%はそれが良くも悪くもないと言い、8%が悪いと言っています。

リトアニア人は米国に概ね肯定的な評価を与えています-73%が米国に対して好意的な意見を持っています。ロシアに対する態度もバランスで肯定的です(53%が好意的、42%が不利)が、EU、NATO、および米国ほど肯定的ではありません。

ほとんどのウクライナ人はEU(72%)と米国(60%)に好意的な意見を表明していますが、NATOは温かく見られていません(34%)。ウクライナ人の大多数(84%)は、ロシアに対して前向きな見方をしています。

ウクライナの場合と同様に、ほとんどのロシア人はEU(64%)と米国(56%)に肯定的なレビューを与えていますが、NATO(37%)には与えていません。

また注目すべき

  • 良い民主主義と強い経済のどちらがより重要であるかを尋ねられたとき、10人に7人以上のロシア人、ウクライナ人、リトアニア人が強い経済を言います。
  • ウクライナでは、46%の複数が、ロシアが帝国を持つのは当然だと信じています。
  • 能力と野心が人生の成功を決定するという信念は、これら3つの旧ソビエト共和国の若者の間で一貫してより一般的です。
  • NATOに対する態度は、ウクライナの地域によって大きく異なります。約6割(59%)が、国の西部地域におけるNATOに対して前向きな見方をしています。しかし、中部(38%)、南部(21%)、東部(18%)の地域では、安全保障同盟について好意的な意見を表明する可能性ははるかに低いです。
Facebook   twitter