• メイン
  • ニュース
  • 共産主義崩壊から30年後のヨーロッパにおける世論に関する10の重要なポイント

共産主義崩壊から30年後のヨーロッパにおける世論に関する10の重要なポイント

1991年、ピュー研究所の前身であるタイムズミラーセンターフォーザピープルアンドプレスは、ソビエト連邦崩壊直後にヨーロッパで画期的な調査を実施しました。私たちは2009年に同じ国に戻り、世論がどのように変化したかを調査しました。1989年にベルリンの壁が崩壊してから30年後のヨーロッパの態度を調査する新しい調査が発表され、今日もそうしています。

これは、比較のために、2019年5月13日から8月12日までに実施された新しい調査からの10の重要なポイントです。

11991年以来、ヨーロッパ全体で生活満足度が向上しています結局のところ、旧ソビエト圏諸国の人々は、複数政党制の選挙制度と自由市場経済への転換を承認しています。ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリー、リトアニア、および旧東ドイツに対応する地域の大多数は、これらの移行を好意的に評価しています。

しかし、ロシアの人々は民主的で資本主義的な転換を承認する可能性が低いです。実際、ロシア人の63%は、ソビエト連邦がもはや存在しないのは不幸であることに同意しています。

2司法の公平性、男女平等はヨーロッパ全体で非常に重要な優先事項と見なされています中東欧では、過去30年ほどの変化が生活水準の向上につながったと言う人の割合が劇的に増加しています。これは、1991年と今日の両方で調査されたすべての旧ソビエト圏諸国に当てはまります。たとえば、1991年には、リトアニア人の9%だけが、その時点までに起こった変化が自国の生活水準に良い影響を与えたと述べています。今年、リトアニアの10人に7人は、この変化が生活水準にプラスの影響を与えたと述べています。

2019年にテストされた生活のほぼすべての側面(教育から国民の誇りまで)で、今日のこの地域の人々は、変化が自国に良い影響を与えたと一般に確信しています。しかし、これらの国々では、テストされた他の側面と比較して、変化が家族の価値観、医療の状態、法と秩序に良いと考える人はほとんどいません。



3全体的に見て、ヨーロッパ人は1991年よりも自分たちの生活にはるかに満足しています。改善は、中央および東ヨーロッパ諸国で特に劇的でした。たとえば、1991年には、ポーランドの12%だけが、10点満点で7以上の生活満足度を評価しました。新しい調査では、56%が自分たちの生活を7歳以上と評価しています。 1991年以降、ドイツの生活満足度も劇的に向上していますが、旧西ドイツに住む人々よりも旧東ドイツに住む人々の方がはるかにそうです。

メルケルは他のヨーロッパの指導者よりも自信を持っています

4今日のヨーロッパ人は、公正な司法、ジェンダー平等、言論の自由など、民主的権利を強く支持しています。調査したEU14か国すべての過半数は、自由民主主義のこれら3つの特徴は非常に彼らの国で持つことが重要です。しかし、信教の自由や市民社会など、民主主義の他の側面に対する支援の強度は低くなっています。民主的権利への支持は、一般的に東ヨーロッパや中央ヨーロッパよりも西ヨーロッパで高くなっています。ロシア人とウクライナ人は、公正な司法とジェンダーの平等を支持しているが、野党が自由に活動することを支持していない。

西ヨーロッパでは、半数以上が好意的に見ている政党はほとんどありません。

5多くのヨーロッパ人は民主主義の働き方に不満を持っていますが、国によってかなりの違いがあります。スウェーデンに住む人々は、自国の民主主義の状態について最も肯定的です(72%満足)。オランダ、ポーランド、ドイツ、リトアニア、チェコ共和国の大多数も満足しています。

一方、ギリシャ、ブルガリア、英国、イタリア、スペインの約3分の2以上は、自国の民主主義に満足していない。ロシア人とウクライナ人も、それぞれの国で民主主義がどのように機能しているかに満足していません。

ヨーロッパ中のほとんどの人は、選出された公務員が彼らのような人々の考えを気にすることに懐疑的ですが、投票は政府の仕組みについて人々に発言権を与えるとも言います。

6個々の指導者に対する国民の態度はまちまちですが、ヨーロッパ人はドイツのアンゲラメルケルに最も自信を持っています。EU 14か国全体で、中央値57%が、世界情勢に関して正しいことを行うメルケルの能力に自信を示しています。フランスのエマニュエルマクロン大統領の見解はより複雑ですが、ロシアのウラジーミルプチン大統領とハンガリーのオルバーン首相は大陸の人々から一般的に否定的なレビューを受けています。

7ヨーロッパ中の若者は、いくつかの重要な質問で年長者とは異なります。将来、子供が親よりも経済的に有利になるかどうか、国の全体的な方向性に満足しているかどうか、政府の検閲なしでインターネットを使用する人々の能力を重視しているかどうかなどが含まれます。

たとえば、調査対象のほぼすべての国で、18〜34歳の人々は、60歳以上の人々よりもインターネットの自由は非常に彼らにとって重要です。

8西ヨーロッパ人は、中央ヨーロッパや東ヨーロッパの人々よりも、同性愛は社会に受け入れられるべきだと言う傾向があります。調査した国全体で、同性愛の受容はスウェーデンで最も高く(94%)、ロシアとウクライナで最も低くなっています(14%)。

同様に、西ヨーロッパの人々は、中央および東ヨーロッパの人々よりもイスラム教徒とローマに有利である傾向があります。

9圧倒的多数がジェンダー平等が重要であると言う。調査対象の国全体で、成人の約9人に10人以上が、女性が男性と同じ権利を持っていることが非常にまたはある程度重要であると述べています。しかし、女性は男性よりもジェンダー平等を非常にほとんどの国で重要です。

一方、ほとんどのヨーロッパ人は、平等主義の結婚(夫と妻の両方が働く結婚)をより満足のいく生き方と見なしています。ほとんどのヨーロッパ人は、厳しい経済状況の中で男性が女性よりも仕事に就く権利があるとは考えていませんが、多くの中央および東ヨーロッパの国々では、注目に値する国民の割合がこの意見を表明しています。

10調査に含まれる59の政党のうち6つだけが、自国の人口の半分以上から好意的な評価を受けています。それらの政党のうちの3つは、民主主義への満足度が特に高いオランダにあります。調査全体で、最も評価の高い政党はドイツのAlliance 90 / The Greensです(63%の好意的な評価)。最も評価の低い政党は、ギリシャの極右政党である黄金の夜明け(XA)です(7%有利)。

注:完全なトップラインの結果と方法論を参照してください。

Facebook   twitter