付録A:民主的な不満に影響を与える要因

このレポートでは、民主主義が自国でどのように機能しているかについての人々の認識に関連する要因を調査しました。これを行うために、人口統計学的特性だけでなく、自国の経済、政治、社会、安全保障の問題に対する人々の主要な態度の関数として民主主義の不満を予測するマルチレベル回帰分析を実行しました。具体的には、Stataのメロジット関数を使用して、国ごとのランダムな切片と堅牢な標準誤差を使用して、重み付けされた混合効果ロジスティックモデルを推定しました。このプールされたモデルに加えて、各国のモデルを個別に推定することにより、結果の堅牢性を評価しました。これらの国別モデルでも同様の結論が得られました。

民主主義への不満は二分従属変数であり、1は誰かが自国の民主主義に不満を持っていることを示し(あまり満足していない、またはまったく満足していない)、0は誰かが自国での民主主義の働き方に満足していることを意味します(彼らは非常にまたはある程度満足していると言います)。独立変数または予測変数には、現在の経済状況の評価、移民に対する態度、与党への支持、年齢、性別、教育、および国の経済発展のレベルの指標(先進的か新興か)が含まれます。経済-詳細については、付録Cを参照してください)。回答者の自国に対する見方に関連する追加の変数も予測因子として含まれていました。

民主主義の不満に対する経済と国の評価の影響を示すチャート。全体として、現在の経済状況に対する否定的な見方は、個人の民主的な不満と強い関連があることがわかります。他のすべてを一定に保つと、自国の現在の経済状況が悪いと言う人は、71%の確率で自国の民主主義の働き方にも不満を持っています。対照的に、自国の経済状況について前向きな見通しを持つ人は、40%の確率で31パーセントポイントの差があります。経済状況に対する態度に加えて、ほとんどの政治家が腐敗している国として自国を説明する個人は、これが自国をうまく説明していると思わない人よりも平均して4ポイント民主的な不満を表明する可能性が高い(58%および54%) 、それぞれ)。しかし、汚職の見方と民主的な不満との関係は比較的小さい。

自国に関する回答者の他の意見も、民主的な不満に関連しています。人々はさまざまな側面で自国を評価するように求められ、いずれの場合も、自国が次のステートメントで十分に説明されていると述べた人々はより満足しました:「ほとんどの人は生活水準を向上させることができます」、「裁判所はすべての人を扱います公正に」、「表現の自由は保護されている」、「役人は一般の人々の考えを気にかけている」。

パーティザンの所属は、他の要因を制御する民主的な不満にも関連しています。たとえば、与党を支持する人が不満を抱く可能性は45%ですが、政党を支持しない人は不満の確率が62%と予測されており、17ポイントの差があります。 。

この民主的不満の分析は、政党への支援について質問しなかった韓国を除いて、質問をした27か国のサブサンプル(国= 26、n = 24,326)で構成されています。5いずれかの質問に対して「わからない」または「拒否された」と回答した回答者も除外されました。



上記の変数を考慮した後、他の要因は民主的な不満を予測しませんでした。夜の散歩が危険な地域に住む人が多い国だと説明し、誰が当選しても大した変化はないと言っても、民主主義の不満とはあまり関係がなかった。移民に対する態度(国への移民をより多く、同じ、またはより少なく/まったく許可しない)、経済発展のレベル(先進経済と新興経済)、または回答者の人口統計(年齢、性別、教育)もありませんでした。

ヨーロッパの民主的な不満に影響を与える要因

グローバルモデルに加えて、調査対象のヨーロッパ10か国の加重混合効果ロジスティック回帰モデルも評価しました。上記の要因に加えて、この分析により、EUの好意度、移民が自国の慣習や生活様式を採用したいかどうかに関する意見、および右派と左派のポピュリスト政党の好意的な見方を評価できます。以前のモデルと同様に、各国のモデルも個別に推定して、その堅牢性を検証しました。これらの結果は、プールされた回帰モデルと同様の結果をもたらしました。

全体として、民主的な不満のヨーロッパの予測因子は、プールされたモデルと非常に似ています。繰り返しになりますが、現在の経済状況に対する否定的な見方と、ほとんどの政治家が腐敗しているという見方は、民主的な不満のレベルが高いことに関連しています。右派ポピュリスト政党に対して好意的な見方をしている人たちも、もっと不満を持っている。たとえば、自国の右派ポピュリスト政党に前向きな見方をしている人(チャペルヒル専門家調査を使用してポピュリスト政党を分類した方法については付録Bを参照)は、民主主義が機能している方法に不満を抱く可能性が予測されます。 64%の国。右派ポピュリスト党に共感しない人は、55%の確率で不満を抱き、9パーセントの差があります。

ヨーロッパでは、右翼政党の支持者は民主主義にもっと不満を持っており、EUに有利な人々はそれほど不満を持っていないことを示すチャート。他の多くの要因は、ヨーロッパでも民主的な不満に関連しています。ほとんどの移民が自国の文化と生活様式を採用したいと言う人は、今日の移民が明確であり続けたいと思う人よりも民主主義に不満を抱く可能性は低いです(それぞれ53%と60%)が、この要因の影響は小さい。自国を最も生活水準を向上させることができる国と評価する人々、選出された役人は一般の人々の考えを気にし、裁判所はすべての人を公平に扱い、表現の自由は保護され、自国での民主主義の働き方にもっと満足しています。

EUの好意的な見方と、与党または政党への支持も、民主的な不満と強く相関しています。たとえば、EUに対して好意的な見方をしている人は、49%の確率で民主主義に不満を持っています。ブリュッセルに本拠を置く機関に不利な人は、69%の確率で不満を抱き、20%の差があります。

民主的な不満のこの補足的な分析には、調査されたヨーロッパの10か国が含まれていました(n = 7,590)。ポーランドは分析に含まれていますが、私たちの分類によるとポピュリスト政党はありません(これについての詳細は付録Bを参照してください)。いずれかの質問に「わからない」または「拒否」と回答した回答者は除外されました。

独立変数を制御した後、いくつかの要因は民主的な不満とは有意に関連していませんでした。自国の良い説明としての次の声明への同意は統計的に有意ではありません:「ほとんどの人は夜に歩き回るのが危険な地域に住んでいます」そして「誰が選挙に勝っても、物事はあまり変わりません」。国が多かれ少なかれ移民を持っているべきかどうかについての意見は不満とは関係がなく、左派ポピュリスト政党の好意的な見方もありませんでした。人口統計学的変数(年齢、性別、教育)はいずれも、民主主義に対する不満の有意な予測因子ではありませんでした。

Facebook   twitter