• メイン
  • ニュース
  • アイルランドの投票は、西ヨーロッパでの合法的な中絶に対する広く一般的な支持を強調しています

アイルランドの投票は、西ヨーロッパでの合法的な中絶に対する広く一般的な支持を強調しています

アイルランドの前の両側の標識でいっぱいのダブリン通り

アイルランドの有権者は最近、国の憲法を修正し、さまざまな状況で法的な中絶への扉を開く措置を承認しました。おそらく、西ヨーロッパの他の地域と一致しています。投票(66%が国民投票を承認)は、新しいピューリサーチセンターレポートの調査結果を強調しています。このレポートは、アイルランドの人々(他の西ヨーロッパの14か国の人々と同様)が、すべてまたはほとんどの場合、中絶は合法であると信じていることを示しています。

センターの報告によると、最近の投票と同様に、調査したアイルランドの成人の66%が、中絶はすべて(14%)またはほとんど(52%)のケースで合法であると述べたのに対し、30%はほとんどまたは完全に違法であると述べました、2017年夏に実施された国際調査に基づいています。これは西ヨーロッパの他のほとんどの国よりも中絶に対する支持のレベルはやや低いですが、それでも地域のコンセンサスを反映しています。調査した15か国すべての大多数がこれを共有していますビュー、ポルトガルの60%からスウェーデンの94%の範囲。地域の中央値81%は、米国の成人の合法的な中絶に対する支援のレベル(57%)よりもはるかに高くなっています。

アイルランドの国民投票は、母親と胎児の生存権が平等であると認めた憲法修正第8条を廃止しました。この改正により、西ヨーロッパで最も制限の厳しい中絶法の1つである母親の命を救うことを除いて、いかなる状況においても中絶は事実上違法になりました。

私たちの調査では、年齢、特に教会への出席という2つの要因が、中絶に関するアイルランドの世論と密接に関連していることがわかりました。 55歳以上のアイルランド人の間では、中絶はほとんどまたは完全に行われるべきであるという見方が一般的です。違法合法(42%)ではなく(55%)。しかし、若い成人は圧倒的に反対の立場をとっています。35〜54歳の成人の78%と35歳未満の成人の76%が合法的な中絶を支持しています。

また、定期的に(少なくとも月に1、2回)宗教的奉仕に参加していると言うアイルランドの成人とそうでない成人の間には大きなギャップがあります。通常の教会に通う人の半数以上(54%)が中絶はすべきだと言っています違法ない通常の教会に通う人は、10人に8人が合法的な中絶を支持しています。このパターンは年齢差に関連しています。55歳以上のアイルランド人の大多数(60%)は、少なくとも月に1〜2回は宗教的奉仕に参加していると述べていますが、35歳未満の成人の4分の1だけが同じことをしています。しかし、統計分析は、教会への出席がこれら2つの要因の中でより強いことを示しています。

宗教的練習アイルランドではまた、宗教的であるよりも中絶に関する見解とはるかに密接に結びついています身元。クリスチャンであるだけでは、アイルランドの人は合法的な中絶に反対する可能性が高くなりませんが、他の要因を調整した後でも、教会に行くことは反対します。



全体として、アイルランドの成人の10人に8人はキリスト教徒(彼らの大多数はカトリック教徒)であると認識していますが、ほとんどの人はそうしていますない定期的に教会に出席してください。そして、教会に通うクリスチャンは中絶はほとんどまたは完全に違法であるべきであるという立場に傾いていますが、定期的に出席しないクリスチャンは、合法的な中絶を支持する宗教的に無関係なアイルランドの成人と同じくらいありそうです(それぞれ81%と80%)。

このパターンは西ヨーロッパ全体に広く反映されています。調査したすべての国で、教会に通うクリスチャン(少なくとも月に1〜2回宗教的奉仕に参加するクリスチャンとして定義される)は、他のクリスチャンよりも中絶を支持する可能性がかなり低いです。しかし、非実践的なクリスチャン(あまり頻繁に出席しない人として定義される)は、一般的に、この質問に関して、宗教的に関係のないヨーロッパ人と同様の見解を持っています。そして、調査したほぼすべての国で、非実践的なキリスト教徒が教会に通うキリスト教徒よりもはるかに大きな割合を占めていることを考えると、それは一般の人々における合法的な中絶に対する幅広い支持につながります。

たとえばドイツでは、宗教的に関係のない成人の86%と非実践的なキリスト教徒の84%が、すべてまたはほとんどの場合、中絶は合法であるべきだと述べています。対照的に、教会に通うクリスチャンの54%だけがこの立場をとっています。しかし、教会に通うクリスチャンはドイツの人口のわずか22%を占めており、他の2つのグループは合計で4分の3近くになります。

西ヨーロッパ全体で、同性結婚に対する見方について同様のパターンがあります。宗教的に関係のない大人と非実践的なクリスチャンは、同性愛者とレズビアンのカップルが合法的に結婚することを許可することを圧倒的に支持していますが、教会に通うクリスチャンはあまり支持的ではありません。 (同性結婚は、シビルユニオンを持っているイタリアとスイスを除いて、調査されたすべての国で合法化されました。合法的な同性結婚は来年初めにオーストリアで発効します。)

同じ傾向は、2015年に人気投票で同性結婚を合法化した最初の国となったアイルランドにも当てはまります。新しい調査によると、アイルランドの成人のまったく同じ割合が合法的な中絶を支持するのと同じ割合で同性結婚を支持しています(66%)。

実際、修正第8条の廃止は、アイルランドの人々が投票箱でのカトリック教会の立場に反対したのは、少なくともここ数十年で3回目でした。中絶と同性結婚に関する国民投票に加えて、1995年の有権者は離婚に関する憲法上の禁止を厳しく拒否した。

Facebook   twitter