4.シナリオ:消費者ロイヤルティカードとプロファイリング

小売ポイントカード

これは、多くの既存の小売環境で提供されているおなじみの掘り出し物に固定されたシナリオです。多くの消費者は、商品の割引と引き換えに、買い物の好みを追跡して他の企業に販売することをすでに許可しており、成人の約47%は、次のシナリオに満足すると答えています。

食料品店はあなたにあなたの購入であなたにお金を節約するであろう無料のポイントカードを提供しました。引き換えに、ストアはあなたの買い物習慣を追跡し、このデータを第三者に販売します。

比較すると、32%は受け入れられないと述べ、別の20%はオファーの状況に依存すると述べています。

50歳以上の人は、若い大人よりもこの取り決めは受け入れられないと言う可能性がやや高くなります。50歳以上の39%は、18〜49歳の27%と比較して、この取引は受け入れられないと言います。 、年収が3万ドル未満の世帯の人は、高所得の世帯の人よりもこの取引が受け入れられると言う可能性が高くなります。低所得の世帯の人の56%が、ポイントカードの掘り出し物が受け入れられると答えているのに対し、43%は高収入の世帯で。

このシナリオを受け入れられると思う人の多くは、ポイントカードに精通している、および/またはすでにこれらのカードを自分で使用していることを示しています。しかし、このグループでさえ、データがどのように、どのような状況でサードパーティに渡されるかについて懸念を表明しています。

まあ、彼らは今これをします。 (私のデータが)安全で、取引が成立すれば、問題ありません。



'私はポイントカードを使用しています。私の知る限り、情報が不適切に使用されたり、第三者によって私に具体的に結び付けられたりすることはありません。私はそれで問題ありません。

「まあ、彼らは今これをします。 (私のデータが)安全で、取引が成立すれば、大丈夫です。

「「第三者への販売」の部分は私を心配させます。 OTOH(一方)、私はSafewayリワードカードを持っており、頻繁に使用しています。これはまさにそのような合意があると思います。

「私はすでに多くの「ロイヤルティ」プログラムに参加していますが、サードパーティの連絡先の発信元を特定し、消費者情報を販売した店舗を追跡できるように、仮名を使用しています」。

「私に情報を電子メールで送信する人を選択したい」。

「割引やクーポンを取得するためにカードを持っていきますが、第三者に私の情報を販売してほしくないのです。それは私の権利の侵害になります。

このシナリオに「依存する」と答えた人の中には、個人データを要求する会社によって信頼のレベルが異なる人もいます。他の人は、提供されている特定の掘り出し物についての詳細を望んでいました:

何人のサードパーティと共有しますか?共有する情報を制御できますか?それは私の匿名のショッピングデータだけですか、それとも私の個人情報が添付されていますか?

「サードパーティと共有することは、一般的に、歓迎されない電子メールのオファーが殺到し、不要な電話を受ける可能性があることを示しています。彼らが彼ら自身のためにデータを使用するならば、私は彼らのサービス/製品を使用するので、私はそれで大丈夫です。

「私が会社を信頼するかどうかによって異なります」。

「送信される情報を制御する機能があると、私の決定に影響します」。

「どれだけのお金を節約でき、どれだけの個人識別情報が共有されますか?」

「何人のサードパーティと共有しますか?共有する情報を制御できますか?それは私の匿名のショッピングデータだけですか、それとも私の個人情報が添付されていますか?

「(私はこれを検討します)サードパーティとの共有をオプトアウトできる場合のみ」。

「(それは)店のタイプに依存します」。

「どのような規定が受け入れられるかはわかりませんが、どの企業が情報を受け取るかについての選択と知識があれば、それで大丈夫かもしれません」。

「私は個人を特定されたくありません。匿名の買い物客であれば大丈夫です」。

「それは、それらの第三者が電話、電子メール、またはカタツムリのメールで私に連絡するかどうかによって異なります。彼らが私のデータを使用したいだけなら、それでいいと思いますが、それらの第三者から連絡を受けたり、何かを受け取ったりしたくはありません。一方通行のままにしてください。唯一の例外は、食料品店が私が購入したものに基づいてクーポンをくれた場合です。

「私の「識別情報」が私の購入習慣とポイントカード番号だけである場合-OK。電話、住所、クレジットカードまたはデビットカードの情報が含まれている場合は、あまり関心がありません。

この取り決めは受け入れられないと述べた人々は、彼らの購入行動に関するデータが小売業者によって収集された後に第三者に販売される可能性があるという考えに特に例外を認めました。他の人は、これらの個人的なショッピングデータによって生成される可能性のある一方的なテレマーケティングコールの数について懸念を表明しました。

第三者に何も売られたくないのです。そうすると、私はいつも欲しくないメールやメールを受け取るからです。

'第三者による販売は認められません。 1つの会社に自分の情報を提供したい場合、それは私の選択ですが、他のランダムな会社の束ではありません。

「第三者に何も売ってほしくない。そうすれば、私はいつも欲しくないメールやメールを受け取るからだ」。

「私がその店でお金を使っている場合、彼らは私に関する情報を販売する権利がありません」。

「第一に、私が購入したものを追跡してほしくない。第二に、私がしていることを第三者に売ってほしくない」。

「あまりにも多くのテレマーケティング業者が関与しています」。

「情報を他の当事者に販売することを選択しない限り、私の買い物習慣は私自身のビジネスです。別の当事者が私について「収集」した個人情報から利益を得る必要があるのはなぜですか?

Facebook   twitter