4. COVID-19を背景に、多くの欧州政党の見解が改善されました

2019年、ピュー研究所がヨーロッパでの党の好意について尋ねたとき、人口の少なくとも半分から肯定的な評価を受けた党はほとんどありませんでした。しかし、2020年夏にテストされた40の政党のうち、11は各国で50%以上が好意的に見られました。

北ヨーロッパの政党の好意的な見方

ベルギーを除く調査対象のすべての北ヨーロッパ諸国で、国ごとに少なくとも1つの政党がこのしきい値を満たしました。ただし、南ヨーロッパ諸国に関しては同じではありません。フランス、スペイン、イタリアでは、半数以上の承認を得た政党はなく、これら3か国でテストされたほとんどの政党の場合、40%を割った政党はほとんどありませんでした。英国では、48%が野党労働党の肯定的な意見を報告しましたが、テストされた他のすべての党はこの基準を下回っています。

南ヨーロッパと英国の政党の好意的な見方

デンマークでは、夏の時点で、ほぼすべての人(95%)が、自国がCOVID-19のパンデミックにどのように対処したかを承認し、過半数が、自国が開始前よりも統一されていると述べました。民主党員。約4分の3が党に対して好意的な見方をしており、社会民主党はデンマークで最も人気のある党であるだけでなく、調査で尋ねられた40のヨーロッパの政党の中で最も人気がありました。

ドイツでは、統治するキリスト教民主同盟(CDU)が、他のすべての政党よりも好意的に見られました(61%)。これには、連立パートナーである社会民主党(SPD)(54%)も含まれます。しかし、これら2つの政党は、The Greens / Alliance 90(54%)、The Left(35%)、Alternative for Germany(AfD)(14%)など、他のドイツの政党と同じかそれ以上に人気がありました。

オランダとスウェーデンでは、与党は約半数以上が好意的に見られたものの、主要な野党ほど人気が​​ない傾向がありました。ベルギー、イタリア、フランス、スペインでは、同じパターンが当てはまりましたが、与党は各国で10分の4以下しか好意的に見られませんでした。たとえば、ベルギーでは、36%が改革運動を統治することに前向きな見方をしていました。そしてフランスとイタリアでは、約3分の1がエンマルシェ(35%)、民主党(36%)、五つ星運動(35%)について同じことを言った。

英国は、野党が与党よりもはるかに人気があった唯一の国として際立っていました。約半数が政府外の労働党に対して好意的な見方をしており、41%が2010年以来国を率いてきた保守党について同じことを述べた。



ポピュリスト政党は、テストされた最も人気のない政党の1つでした。ほとんどすべての場合、ポピュリスト政党は人口の約3分の1以下からのみ支援を受けました。たとえば、ドイツでは、AfDについて好意的な見方をしているのはわずか14%でした。フランスとベルギーでは、それぞれ国民連合とフランダースの関心がそれぞれ25%を獲得できませんでした。

(自国で質問された他の政党と比較して)好意的なレビューを受けた唯一の2つのポピュリスト政党は、現在政権を握っている政党でした。スペインのポデモス(35%)とイタリアの五つ星運動(35%)です。

昨年から多くの政党の好意的な見方が高まっている

いくつかの国で与党の好意的な見方が高まった多くの政党の肯定的な評価も昨年から大幅に上昇しました。たとえばイタリアでは、民主党に対して前向きな見方をしているのは少数派(36%)だけですが、それでも昨年から13ポイント増加しています。英国では、労働党と保守党の両方に対する肯定的な見方が2桁増加しました(それぞれ15ポイントと11ポイント増加)。ドイツの2つの連立政党、CDUとSPDは、過去1年間で同様に承認が大幅に増加しました(14ポイントと12ポイント増加)。

フランス、スペイン、スウェーデン、オランダでも、昨年以来、少なくとも1つの政党が国民の尊敬を大幅に向上させました。

少数の政党の好意的な見方は大幅に減少したトレンドが利用できるヨーロッパの7か国のうち4か国では、2019年以降、少なくとも1つの与党がそのイメージを改善しました。フランス、スペイン、スウェーデンでは、承認率に大きな変化が見られた与党はありませんでした。しかし、前例のないほど弱い経済と経済がうまくいっていないという広範な感覚にもかかわらず、ヨーロッパのどの政党もこの期間に好意の重大な喪失を経験しませんでした。

この期間に好意度が低下した唯一の政党は、英国の自由民主党、ドイツの緑の党/同盟90、および2つの右派ポピュリスト政党(オランダの民主主義フォーラムとイタリアのレガ)でした。承認が2桁下がった唯一の党であるレガは、ウイルス制限措置に抗議するためにイタリア議会を占領し、フィールドワークの過程で彼のマスク防止姿勢について率直に発言したマッテオ・サルヴィーニが率いる。

各国がCOVIDをどれだけうまく処理したかについての意見-ほとんどの政党の19色の見解

コロナウイルスが地域全体で大部分が制御されているように見えた夏に調査されたヨーロッパの7か国全体で、政府で最も多くの議席を占めた与党の好意的な見方と政府が持っていた感覚との間に強い関係がありましたCOVID-19をうまく処理しました。たとえば、デンマークは、政府がコロナウイルスのパンデミックに対処するために良い仕事をしたと最も高い割合で述べたヨーロッパの国(95%)として、また最高の承認率を獲得した党(社会民主党)の本拠地として際立っていました。 (72%)。対照的に、英国では、46%だけがパンデミックで良い仕事をしたと言っており、ヨーロッパで最も低い。保守党は、国民の41%だけに好かれていた。

与党の好意的な見方は、夏の間、国がCOVID-19をどのように扱ったかについての肯定的な認識と相関していた。

より広義には、多くの政党の好意は、国がCOVID-19をどれだけうまく処理したかという認識によって色づけられました。調査したほぼすべての国で、与党の評価に関しては格差が最も大きかった。たとえば、ドイツでは、国が発生にうまく対処したと言った人々は、それがうまくいかなかったと言った人々よりも、統治するCDUに対して好意的な見方をする可能性が50パーセントポイント高かった。そしてスペインでは、パンデミックに対処するために国が良い仕事をしたと思った人の64%が、スペイン社会労働党(現在担当している党)を好意的に見ました。悪い仕事。スペインの左翼ポデモスとイタリアの中道の五つ星運動という、自国の統治連合の一部である2つの大衆党も、国がうまくいったと思った人々からより積極的に見られました。

場合によっては、野党は、自国のCOVID-19の取り扱いを称賛する人々からもより積極的に見られました。たとえばフランスでは、国がパンデミックにうまく対処したと思った人々は、エンマルシェだけでなく、共和党と社会党に対しても好意的な見方をする傾向がありました。しかし、スペインと英国を含むいくつかの国(パンデミックの取り扱いについての意見が党派によって最も分かれていたヨーロッパの2つの国)では、反対のことが真実でした。たとえば、英国では、英国がパンデミックにうまく対処したと思った人はもっと少なく野党の労働党に対して好意的な見方をしている可能性が高く、スペインでは、政府外の人民党についても同じことが言えました。

自国がCOVID-19をうまく処理したと思った人々は、政党に対してより前向きな見方をする傾向がありました。

自分の国がパンデミックにうまく対処したと思った人々はもっと少なく右派ポピュリスト政党に対して好意的な見方をしている可能性が高い。スウェーデン民主党に関してはギャップが最大でしたが、オランダ(PVV)、ドイツ(AfD)、スペイン(Vox)では20パーセントポイント以上でした。

ほとんどの右派ポピュリスト政党は、自国がCOVID-19に対処するのに悪い仕事をしたと言った人々からより高い評価を受けました
Facebook   twitter