• メイン
  • グローバル
  • 2.オバマ氏の国際的なイメージは、ヨーロッパとアジアで引き続き強い

2.オバマ氏の国際的なイメージは、ヨーロッパとアジアで引き続き強い

ヨーロッパとアジアの主要国におけるバラクオバマ米大統領の評価は引き続き堅調です。全体として、米国を含む調査対象の16か国のうち15か国の約半数以上が、彼が世界情勢に関して正しいことをすることに自信を持っています。これには、スウェーデン、オランダ、ドイツ、フランス、オーストラリアの80%以上が含まれます。オバマ大統領への信頼は、米国大統領としての2期を通じて強いままでした。

オバマとともに、ドイツのアンゲラ・メルケル首相はヨーロッパの国民から比較的高い評価を受けています。対照的に、ヨーロッパでもアジアでも、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が外交政策に関して正しいことをすることに自信を示している人は比較的少ない。

政治指導者と米国大統領候補の国際的役割に対する信頼の比較

2人の推定上の米国大統領候補の間で、ヒラリー・クリントンは海外の大衆の目から見てドナルド・トランプよりもうまくやっています。クリントンが世界情勢を処理する自信は一般的に高い。それに比べて、外交政策に関しては、トランプが正しいことをすることを信頼している人はほとんどいません。

ヨーロッパとアジアでは、オバマは有能なリーダーと見なされています

オバマへの自信ヨーロッパでは、調査対象の10か国のうち9か国の大多数が、スウェーデンで93%、オランダで91%を含む、国際問題を処理するオバマの能力に自信を示しています。ギリシャ人だけが米国の指導者に対して否定的な意見を持っています(58%はほとんどまたはまったく自信がありません)。

英国市民の10人に8人(79%)がオバマに自信を示している一方で、米国大統領は英国を訪問し、英国にEUに留まるように促すことで、彼の立場を助けなかった可能性があります。その訪問は私たちの調査のフィールド中に発生し、英国人の83%が英国に現れる前にオバマに自信を持っていたのに対し、彼の公の発言の後、69%だけがこの見解を共有しました-14パーセントポイントの低下。

オバマ氏はまた、カナダ人(83%)とオーストラリア人(84%)から高い評価を得ています。アジアの他の地域では、米国大統領は日本(78%)とインド(58%)の多数派から肯定的に見られています。中国でも、52%が国際問題を処理する彼の能力に自信を持っています。



2009年から2016年までのヨーロッパのオバマに対する自信オバマ大統領の2009年の就任以来、ヨーロッパ人は一般的にオバマ大統領を高く評価してきました。そして、オバマへの信頼が低下する場合もありますが、彼の評価は主要なヨーロッパ諸国で比較的高いままです。これは、2003年のイラク戦争の開始から2008年の任期の終了まで、多くのヨーロッパ諸国で否定的な評価を受けた前任者のジョージW.ブッシュとは対照的です。

中国人はオバマに自信を持っていますが、必ずしもそうではありませんでしたオバマに対する信頼はヨーロッパの主要な同盟国全体で一貫して強いが、中国の評価はより不安定である。今日、ほとんどの中国人はオバマへの信頼を表明していますが、ほんの数年前はそうではありませんでした。彼が2009年に最初に就任したときに多数派の承認を得て、中国の信頼は2013年にわずか31%に低下し、46%は米国の指導者に対する信頼をほとんどまたはまったく表明していませんでした。 2013年以降、オバマに対する中国の態度は再び否定的ではなく肯定的になっています。

世界の舞台でのオバマの役割に対する態度には、一貫した人口統計学的またはイデオロギー的な違いはありません。

しかし、アメリカの見解は党派の線に沿って大きく分かれています。民主党員の92%は、共和党員の21%に比べて、オバマの国際問題を処理する能力に自信を持っています。独立派は、バランスをとって、オバマ(54%)に自信を持っています。

ヨーロッパのメルケルの混合ビュー

マーケルへの信頼はヨーロッパによって異なりますヨーロッパ人は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相について幅広い意見を持っています。スペクトルの一端では、スウェーデン(84%の自信)、オランダ(83%)、ドイツ(73%)、フランス(71%)の大多数が、彼女が世界情勢に対処することを信頼しています。また、英国の59%の過半数も同意しています。

一方、メルケルの意見は南ヨーロッパと東ヨーロッパでは明らかに否定的であり、ギリシャ(89%不信任決議)、ハンガリー(63%)、イタリア(59%)、スペインでの彼女の国際的能力にほとんどまたはまったく自信がありません。 (57%)およびポーランド(55%)。

調査したすべてのヨーロッパの国々で、オバマ大統領は、母国であるドイツを含め、世界情勢を処理するためにマーケルよりも自信を持っています。

メルケル首相の意見は、2014年と2016年の両方で調査されたいくつかの国で2014年以降減少しています。この低下はポーランドで最も顕著であり、過去2年間で信頼度が50%から33%に17ポイント低下しました。英国のセンチメントも2014年の69%から今日は59%に低下しました。

多くの国でプーチンが否定的に見られる

ヨーロッパ全体でプーチンに対する信頼が低いヨーロッパとアジアで調査された人々は、一般的にロシアのウラジーミルプチン大統領に対して否定的な意見を持っています。これには、スペイン(88%)、スウェーデン(87%)、ポーランド(86%)、オランダ(84%)の10人に8人以上が含まれ、ロシアの指導者の国際問題への対応にほとんどまたはまったく自信がありません。同様に、プーチンはオーストラリア(70%不信任決議)、日本、カナダ(両方とも65%)でほとんどの人に不信任決議されています。

ギリシャと中国(両方とも53%)でのみ、半数以上が世界の舞台でのプーチンの役割について肯定的な印象を持っています。

多くの国の女性よりもプーチンに自信のある男性メルケル首相と同様に、調査対象のほぼすべての国で、プーチンに対する信頼はオバマに対する信頼よりも低い。まれな例外は、プーチンがオバマよりも自信を持っているギリシャと、プーチンとオバマの評価がほぼ同じである中国です。

昨年、プーチンの格付けは、傾向データが入手可能な5か国でわずかに上昇しました。これには、イタリアでの13ポイントの増加、ドイツでの8ポイントの増加が含まれます。それにもかかわらず、プーチンへの信頼のレベルは、イタリアとドイツの両方でオバマ大統領とメルケル首相の信頼のレベルをまだ下回っています。

全体的な評価は低いものの、プーチンは男性の間でより強い魅力を持っています。調査対象の13か国では、男性は女性よりもロシア大統領に自信を持っている可能性が高いです。たとえば、オランダでは、男性の21%がプーチンに大きな自信を持っていますが、オランダの女性は8%にすぎません。性差は、オバマとメルケルのどちらの見方にも大きな影響を与えません。

中国の西大統領の異なる見解

日本の西低への信頼中国の習近平国家主席に対する国民の態度は、私たちが質問をしたアジア諸国では大きく異なります。日本では、意見は明らかに否定的です。79%がXiにほとんどまたはまったく自信がないのに対し、Xiを信頼しているのはわずか12%です。一方、オーストラリアでは態度が分かれており、Xiを支持するシェア(39%)は、Xiを信頼しない割合(37%)とほぼ同じです。インドのほとんどの人々(64%)は、過去数年間に中国から国を近づけるための序曲にもかかわらず、Xiの意見を持っていません。 Xiは、調査対象のアジア3か国すべてで米国大統領よりもはるかに低い信頼度を取得しています。

クリントンはヨーロッパでサポートを見つける

ヒラリー・クリントンへの自信2009年から2013年初頭にかけて国務長官を務めた米国大統領候補のヒラリー・クリントンは、ヨーロッパとアジアで調査されたほとんどの国で積極的な支援を受けています。これには、世界情勢に対処する能力に自信を持っているスウェーデンの83%と、ドイツでこれを言う79%が含まれます。全体として、調査対象のEU 10か国のうち7か国の半数以上がクリントンに自信を持っていますが、ハンガリーとポーランドの多くは意見を表明していません。クリントンはギリシャから最悪の評価を受けています。ギリシャでは、78%が、世界情勢を処理する能力にほとんどまたはまったく自信がありません。

クリントンはまた、カナダ人(60%の自信)とオーストラリア人(70%)、そして日本人(70%)からも肯定的な評価を得ています。中国人の間での彼女の見解はまちまちで、37%が彼女に自信があると述べ、35%が自信がないと述べ、28%が意見がないと述べています。そしてインドでは、過半数(56%)が元国務長官の意見を持っていません。

2008年以降のクリントンへの信頼の向上クリントンが当時のセンに対する民主党の指名にも立候補していた2008年以来。オバマ氏、トレンドが利用できる多くの国で彼女の見方は改善されました。これには、日本(23パーセントポイントの増加)、英国(+17)、スペイン(+17)、ドイツ(+13)、中国(+13)、フランス(+12)での2桁の増加が含まれます。

さらに、調査対象の国の多くの高齢者は、若者よりも彼女に対して前向きな意見を持っています。たとえば、50歳以上のオランダ人の83%は、18〜34歳のオランダ人の67%と比較して、世界情勢を処理する能力に自信を持っています。

この年齢差は、ドイツ(+21最年長から最年少)、フランス(+19)、スウェーデン(+16)、オーストラリア(+15)、カナダ(+10)でも見られます。しかし、中国では年齢差が逆転しているが、これは50歳以上の中国人の40%が元国務長官の意見を持っていないためかもしれない。

トランプはヨーロッパとアジアへの信頼をほとんどまたはまったく刺激しません

ドナルド・トランプに自信がない調査した15か国すべての4分の1未満の人々が、米国大統領の推定共和党候補であるドナルド・トランプに自信を示しています。実際、調査対象国のほとんどで圧倒的多数が、国際問題を処理する彼の能力にほとんどまたはまったく自信を持っていません。これには、スウェーデン人の92%、ドイツ人の89%、オランダ人の88%、フランス人とイギリス人の両方の85%が含まれます。この嫌悪感はスウェーデンで特に強く、82%がまったく自信がない彼の中で。

ポーランドとハンガリーの人々の間では、トランプの見方も否定的な傾向がありますが、これらの国では多くの人々が意見を述べていません。

ほとんどのオーストラリア人(87%)、カナダ人(80%)、日本人(82%)もトランプに自信がありません。中国では、トランプに自信がない人(40%)と意見を出さない人(39%)に分かれています。そしてインドでは、67%が意見を述べていません。

ForzaItaliaとUKIPの支持者の間でより高いトランプへの信頼ヨーロッパでは、トランプについての肯定的な意見は、多くの国の政党の支持によって異なります。たとえば、イタリアでは、シルヴィオ・ベルルスコーニ前首相(トランプのように独立して裕福である)によって設立された中央右派のフォルツァ・イタリアの支持者は、国の信者よりもトランプへの信頼(31%の信頼)を示しています民主党(15%)。トランプはまた、反移民とユーロ懐疑的な北部同盟党に好意的な見方をしているイタリア人の間でより大きな支持を受けています。

プーチンの見解に結びついたトランプへの信頼そして英国では、ユーロ懐疑的な反移民党UKIPの信者は、保守党(13%)や労働党(8%)の信者よりも、トランプ(30%)に自信を持っている可能性がはるかに高いです。ただし、トランプに対する信頼度はこれらのグループ間で高くなっていますが、それでも推定共和党候補に対する信頼度は非常に低いことに注意してください。

ユーロ懐疑的な政党と反移民政党の間のトランプに対するより高いレベルの信頼は他の国にも広がっています。たとえば、ドイツでは、右翼でますます反移民党であるドイツのための選択肢(AfD)に好意的な見方をしている人は、トランプに自信を持っている可能性が高くなります(19%)。 AfDの不利な見方(3%)。そしてハンガリーでは、極右のナショナリスト党であるヨッビクに対して好意的な見方をしている人々は、ヨッビクに対して不利な意見を持っている人々(17%)と比較して、トランプ(28%)に自信を持っている可能性が高い。

さらに、トランプに対する前向きな見方は、テストされた別の国際的リーダーであるロシアのウラジーミルプチン大統領への信頼と結びついています。分析を可能にするのに十分な大きさのサンプルサイズで調査されたすべての国で、プーチンに自信を持っている人々はトランプに自信を表明する可能性が高くなります。たとえば、世界情勢を処理するためにプーチンに自信を持っているイタリアの人々の間で、44%はドナルドトランプに自信を示しています。一方、プーチンにほとんどまたはまったく自信を示さないイタリア人の中で、トランプに自信を持っているのはわずか12%です。

サンダースとクルスはあまり知られていない

調査は、両党のレースがまだ終わっていない米国大統領選挙の途中(4月から5月)に行われたため、民主党のバーニー・サンダースと共和党のテッド・クルーズの2人の候補者の信頼度が含まれていました。多くの人がどちらの意見も表明しませんでしたが、いくつかの例外がありました。

カナダでは、57%がサンダースの国際問題を処理する能力に自信を持っていました。スウェーデンでは51%、オーストラリアでは46%、オランダでは45%でした。一方、スペインの56%、フランスの46%、ギリシャの45%は、サンダースの外交政策に対する洞察力にほとんどまたはまったく自信がありませんでした。

調査対象国でもあまり知られていないクルスは、サンダースほど好意的な評価を受けていません。世論調査を行ったどの国でも、国民の3分の1以上が、世界情勢に関してクルスが正しいことをすることに自信を持っていませんでした。クルスは、スペイン人(57%はほとんど、またはまったく自信がない)とスウェーデン人(55%)から、外交政策について特に悪い評価を受けました。

アジアとカナダで混合された米国のキャンペーンの見解

米国大統領選挙の見解オーストラリアとカナダでは、圧倒的多数が春の終わりに立った米国大統領選挙の否定的な印象を持っていた。これには、オーストラリア人の75%とカナダ人の69%が含まれ、米国のキャンペーンは否定的に認識されたと述べています。日本では、結果はまちまちで、44%がキャンペーンに対して肯定的な意見を持ち、39%が否定的な印象を持っています。しかし、中国(45%)とインド(42%)の複数は、米国の選挙の肯定的な印象を持っています。

Facebook   twitter